スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融の規制緩和=「認可業者」に上限金利29.2%―自民党が貸金業法改正案

uoooo.png

なんと!消費者金融の規制緩和がするとかしないとかで少し話題になってはいましたが、一定の条件を満たす貸金業者を「認可貸金業者」と認定。認可業者に限って、上限金利を貸付金額に応じて15〜20%に制限している利息制限法の適用から外し、2010年まで有効だった29.2%に戻すのが柱。認可業者は、個人の総借入額を年収の3分の1以内に制限する「総量規制」からも除外するらしい!

これにより大手の消費者金融が一気に波に乗ることは間違いなし!そしてまた多重債務者は増えるのであったwwwwww

それはそうと一定の条件を満たす貸金業者を「認可貸金業者」と認定した業者のみが規制緩和対象らしいけど、条件ってなんだって思う方もいると思います。

その条件は続きより!
ではその認可貸金業と認定してもらう条件はというと・・・

自民党の改正案概要によると、認可業者の要件は(1)貸金業務取扱主任者が営業所・事務所ごとに一定割合以上いる(2)研修体制の整備(3)過去3年間に業務停止命令を受けていない(4)過去5年間に認可を取り消されていない(5)純資産額が一定以上(6)返済能力調査やカウンセリングなどの体制整備―などと定める。

まぁ、この条件だと大手は難なくクリアだろうけど(6)の返済能力調査やカウンセリングなどの体制整備ってなんだ?wwww

今ある消費者金融でそういう設備が整ってるとこってないよな。これを新たに設立するのが条件なんだろうけど、本当になんだこれ?

結局規制の緩和は無いけど審査がさらに厳しくなりますって事?

謎が残る今回の規制緩和。消費者金融の対応に注目です。






「規制緩和だっ!早速お金借りに行べ!!!」

消費者金融「では申し込み欄を記入して下さい。」

「ほらよ!(余裕だぜ!早く金貸せコノヤロー!!)」

消費者金融規制緩和して条件は満たしてますけど、返済能力調査の結果融資は無理です。




yaruo20.jpg

なんて事にならないといいけどねw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。