スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金返済にブラックアルバイトでの謎の負債・・・サラ金の7割が大学生という現実・・・

hasan22.jpg
今大学生がヤバい・・・!
ブラックバイトに食い潰される学生、奨学金返済で困窮し20代ホームレス増、サラ金借り入れの7割は若者】という記事によると極悪闇金奨学金で返済が困難な状況に。そしてその返済をする為に働いたバイト先は根拠のない損害賠償やノルマが科せられ僅かなバイト代しかもらえないブラックアルバイト。
結局お金が無いので、消費者金融に借入をするという負の連鎖に苦しむ大学生が増えているとの事。


参考記事
学生支援機構の奨学金の取り立ては昭和の臭いがプンプンwwwwwwwwwwww
【ブラックバイトに食い潰される学生、奨学金返済で困窮し20代ホームレス増、サラ金借り入れの7割は若者】より一部抜擢

学生への仕送り額が20年前には10万2,240円だったのが2013年には7万2,280円へと落ち込み、学生の5人に1人が生活費のためにアルバイトをしているとのこと。この「ブラックバイト」の問題を改善しようと、首都圏学生ユニオンをつくって取り組みを進めている首都圏青年ユニオン事務局次長の神部紅さんに私が企画した座談会に出席していただきました。座談会のテーマは、安倍政権が狙う労働法制改悪問題だったのですが、ここでは「ブラックバイト」の問題に関連する討論部分を紹介します。座談会の出席者は、神部さんと龍谷大学教授・脇田滋さん、国公労連書記長・鎌田一さんです。

学生に広がる「ブラックバイト」

神部:「ブラックバイト」の問題としては、低賃金・低処遇にも関わらず、過度な責任ノルマを課すということがあります。大学生や高校生が学業や生活が切迫する事態になっても全くいとわないということです。総じて休みづらい、辞めづらい、賃金の請求はしづらい、そうした特徴があるといえます。

根拠のない損害賠償やノルマ

神部:また、仕事上のミスをあげつらった、根拠のない賠償請求があります。たとえば備品を壊した、お皿を割った、というのはわざとやっているわけではなく業務上のことなので、こうしたものに対して賠償請求されるのはおかしいのですが、そういったことがあります。

それから、バイトなのにノルマが課せられていて、そのノルマを達成しないと買い取りを強要される。ローソンで最近、マチカフェというものが始まっていて、いれたてのコーヒーがコンビニで飲めるようになりました。ここでは、12枚綴りのチケットがあって、これを使うといくらか安くコーヒーが買える。このチケットを、パートさんは何枚、学生アルバイトは何枚、買い取らなければいけない。買い取らなければ、何枚売りなさいと言われるわけです。

~省略~

先ほど備品の賠償について触れましたが、たとえば業務上必要なユニホームや、業務に必要な備品、倉庫作業であればカッターナイフや軍手、エプロンなど、そういったものも最初に請求され、ひどいケースだと、初月の給料が、マイナスになることもある。辞める際に買い取らされるケースもあります。もしくはクリーニング代を請求される。もう踏んだり蹴ったりなのですが、これらを辞める際に請求してくる。最後の月のお給料をもらって後腐れなく辞めようと思ったら、そういう請求が乗ってくるわけです。立場が弱いこと、そこでがんばれないことをわかっていて、そうしたことをやる。こういった相談も増えています。

「辞めさせてくれない」との相談も

神部:辞めたいのに辞めさせてくれないという相談も増えています。退職を希望した際に「君が辞めたら求人広告を出さなきゃいけないから、その広告費を請求します」とか、アルバイトに対して大した研修もしていないくせに「研修の費用がかかったから研修費を払え」と言われて請求される。私のところに来る相談は氷山の一角で、学生は社会的経験が少ないので、こうしたことを店長などにされると、実際に払ってしまうのですね。親に相談しても、親世代も労働組合に組織されていなかったり、そういった法的知識がないため、払ってしまうケースが結構あるのです。実際、当事者ではなく保護者や家族からの相談もあります。

~一部省略~

神部:やはり学費の負担感は相当あると思いますね。そこがある意味足かせになって、就活にも暗い影を落としていますし、実際に社会人になって働き始めても奨学金を毎月何万円という額で返さなければいけなかったりするので、「ブラック企業」であっても辞められないという形になっていたりします。

私はライフワーク的に若者のホームレス相談にのる支援をしているのですが、ここ5年くらいで、奨学金の返済で首が回らなくなってホームレスになった20代、30代が増えています。これについては誤解されることがあるのですが、路上に出ている若いホームレスというのは、正規雇用で働いていた経験を持っている人が結構いるのです。意外に思われる方も多いかもしれませんが、きちんと大学を卒業した後に、正社員として働いているのですね。でも実際には「ブラック企業」のような長時間過密労働などで辞めざるを得なくなって、その後、奨学金の返済で首が回らなくなるわけです。非正規労働では、当座の生活のやりくりでいっぱいいっぱいなので、奨学金まで返せない。それでサラ金やヤミ金に手を出して、結局、何百万円という負債を抱えて路上に出てしまっているような人が増えているのです。奨学金の問題や質の悪い雇用、働き方の問題、長時間過密労働などが複合的に絡み合って、若者の将来に暗い影を落としていると感じています。日本の未来を支えていくのは青年労働者なのに、そこに一番しわ寄せが来ているように思います。

ちなみにサラ金からの借り入れは、若者が全体の7割を占めているという状況があるのです。派遣・契約社員などの非正規労働者が、生活費を補填するために借金に頼らざるを得ない現状があって、サラ金借り入れの世代別の内訳ですが、アコムでいうと、20代が49.2%、30代は20.8%です。金融庁の委託調査によると、派遣・契約社員の場合、利用の目的が「生活費を補うため」は44.8%に上ります。次いで「手元のお金がなかった」が17.2%。

半数以上の人が生活資金の不足を理由にあげているのです。ここにも1990年代半ばから拡大している急速な非正規雇用の拡大と、正社員との賃金格差という問題が表れていると思います。

以下実際にあったひどいノルマやペナルティ

10分遅刻でコンビニおでん1万円分買わされた
うまく巻けないソフトクリーム3万円分買取

◆有名な回転寿司のお店でアルバイト。平日・休日かまわず常に行列ができていて、60分待ちは当たり前、時期によっては90分待ち、100分待ち、最大で120分待ちになる。人気店なだけあって平日も休日も目の回るような忙しさだ。面接では週に2~3回の約束だったのに、5~5回が当たり前に。学生アルバイトをぼろぼろになるまで扱い、もはや人としてみてない感じで、文字通りコマ扱いだ。「こないだなんて、授業中に、いきなり来いって職場から電話が来てびっくりしたんだよね」「いま授業中だから行けないって言っても通用しなくて。授業なんてサボればいいじゃんって言われて。なんとなく断りづらかった」。時給は平日が750円(深夜850円)、休日が850円(深夜1000円)。「ソフトクリームを巻けるようになるまでは本当に大変だったよね。うちら」――この職場に入るとまずソフトクリームを巻く練習をさせられる。2~3回で巻けるようになる人もいれば、半年かけてようやく巻けるようになる人もいる。驚いたのは、ソフトクリームを巻く練習に総額3万円をかけた人がいたことだ。つまりうまく巻けるようになるまでは、それらはすべて自腹で翌月の給料から引かれる仕組みになっているのだ。

◆コンビニでバイト。寝坊でバイトを10分ほど遅れたときに、罰として、おでんを5千円分ほど店長に買わされた。はじめは冗談かと思ったのと持ち合わせがなかったので無視していたのだが、社員を通してしつこく言われ、結局、社員からお金を借りてまで買わされた。遅刻をしておでんを1万円分買わされたアルバイトの人もいるようだった。

◆飲食店でバイト。出勤して、拘束されているのにも関わらず、客が来ないうちは時給が発生しない。

◆コンビニでバイト。レジが交代するときにレジのお金があっているか計算するのだが、マイナスを出したときは自己負担、プラスを出したときはコンビニに入るという制度だった。

◆塾講師のバイト。交通費や印鑑、ファイルは支給されたが、ノートなど授業で使用するものに関しては自分で用意・購入していた。さらに規定として、上下スーツに必ずネクタイ着用の義務があり、クールビスは認められない。授業開始の15分前には教室に入っていなければならないのだが、15分前に来ても時給が発生しない。しかも15分前に出勤しないと給与から15%、授業開始時刻に間に合わなければ50%、授業開始より15分経過で75%、それぞれ減給され、それ以上遅れると給与の支給が無くなるというルールが設けられていた。また、授業と授業の間の空きコマに関して、給与が発生しなかったことも、長い時間拘束されるのに納得がいかなかった。

◆家電量販店のレジ。クリスマス前から年末年始にかけて残業があるがアルバイトには残業手当がつかない。正社員もみんな忙しくしているので、時間が過ぎていても言い出せない状況。仕事はレジだが、事務作業もあり、社員証も借りて正社員の仕事も覚えさせられた。人件費を削減するために正社員がする仕事をアルバイトにも覚えさせているのだなと感じることが多かった。

◆(男子学生)女子トイレの掃除をやらされた。「掃除中」の立て札を取りにトイレに入っている間に女性客が入ってきて悲鳴をあげられた。精神的にキツかった。

◆コンビニでバイト。人手が足りなくなると、無理矢理シフトを入れられることがあった。それから、従業員にクリスマスケーキやギフトなどにノルマを付けて無理矢理買わせるのをやめて欲しい。

◆コンビニでバイト。品出しの際に自分の不注意で破損させた商品は、自分で買うことになっていた。

◆ホテルでバイト。タイムカードで打刻しても、責任者の裁量で、時間を減らして給料が支払われたことがあった。例えば、メンバーの一人のミスで、アルバイト全員が、責任者が想定していた時間より帰るのが遅くなってしまったときに、当初の時間で給料が支給。



「糞杉ワロリッシュグランドソードwwwwwwwwwひでぇwwwこれマジなんでしょ?コンビニってブラックじゃんwww俺ローソン好きだったけど行くのやめるわww本当に意味わかんねぇノルマだなwwwwつーか店名晒せよ!人が死んでからじゃ遅いんだよ!!!!!経営者も売上をいかに上げるかより、人件費をいかに抑えるかしか考えないんだろうな!もうこういう糞なお店はとっとと潰れて下さい。」
aa-1.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。