スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人年齢引き下げで未成年からクレジットカード、消費者金融が可能となる。

tensyon.png
金曜日から4日間記事の更新をさぼってすいませんでした・・・
ちょっと私事ですが色々ありまして・・・言い訳ですよね。すいませんでした。

さてそんな4日ぶりの更新ですが、成人年齢引き下げで18歳から消費者金融やクレジットカードの借り入れが可能となるのか?という記事を紹介します。
参考:ベネッセヘッドライン http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20140718120003.html

消費者金融もクレジットカードも自由!? 成人年齢引き下げの功罪とは?



憲法改正手続きを定めた改正国民投票法がこのほど参議院本会議で、与野党の賛成多数で可決・成立した。教育ジャーナリストの斎藤剛史氏は、「改憲の是非などがマスコミでは大きく取り上げられているが、今回の改正は、子どもたちの生活や学校教育にも大きな影響を及ぼすことになりそうだ」と話す。斎藤剛史氏に詳しく伺った。

成立した改正国民投票法は、現在「20歳以上」と定められている公職選挙法の「選挙権年齢」と民法などの「成人年齢」を、いずれも「18歳以上」に引き下げることにつながる可能性があります。仮に年齢引き下げが実現すれば、18歳つまり高校3年生あるいは高校卒業直後から国政選挙や地方選挙で投票できるほか、「成人」としてクレジットカードや消費者金融などの契約が保護者の同意なしで可能になります。

具体的には、改正法の施行から4年後の2018(平成30)年に、憲法改正のための国民投票の投票年齢を「18歳以上」に引き下げます。さらに衆議院の付帯決議や与野党合意では、改正法施行から「2年以内を目途」に公職選挙法の選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げるために必要な措置を講じるとしています。一方、民法上の成人年齢を引き下げることも課題として挙がっており、谷垣禎一法務相などは国会答弁の中で国民投票年齢の引き下げに合わせて、民法などの成人年齢の引き下げを検討する方針を表明しています。

しかし、仮に選挙権年齢や成人年齢が「18歳以上」に引き下げられるとすれば、国政選挙などに投票し、保護者の同意なしでも契約行為ができる成人としての教育を高校段階でしておかなければなりません。下村博文文部科学相や文科省幹部などは、既に新科目「公共」の創設と必修化を次期学習指導要領改訂のポイントの一つに挙げています。

選挙権年齢や成人年齢の引き下げには反対意見も根強く、今後の与野党協議でも曲折が予想されます。それでも国民投票年齢の4年後の引き下げが決定したことで、高校の新教科「公共」の創設がほぼ確実になってきたとも言えそうです。




「これからの若い人達は車やパチンコ、ギャンブルに興味が薄れているから、ひゃっはー喜びはそんなにいなさそうだから心配ないと思うけどな。」
yaruo13.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。