スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利の計算ぐらいしてるよな?

消費者金融の金利の計算方法です。

かならず覚えておきましょう。

返済の目途が立てやすく、これを計算するだけで計画的に利用できます。

おまとめする時とかも、今の数社払う金利からどのくらい金利の支払が減るかなどが分かります。
kinrikeisan.jpg
非常に分かりやすい説明が「お金を借りる前に見る!消費者金融豆知識」さんのHPに記載してあったので引用させて頂きました。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

です。

例えば、30万円を実質年率18%で借りた場合、1か月(30日間)にかかる利息は、

30万円×0.18÷365×30 で、4,438円

ということになります。

簡単に計算することができますね。

借入れの1か月後に1万円を返済したとすると、1万円のうち、4,438円が利息に充当されたということ。
残りの5,562円が元金の返済にまわされます。

1万円の返済後の残高は、

1万円-4,438円で、5,562円となります。

なので、1万円返済後の利用残高は、

30万円-5,562円で、294,438円です。

元金30万円が、294,438円に減ったということですね。

次の1か月間(30日間)にかかる利息は、

294,438円×0.18÷365×30 で、4,356円

また次の1か月にも、利息として4,356円がかかってきます。

このように、毎月利息を支払い続けることになります。
これは、元金がゼロになるまで続きます。
ちなみに、この場合だと返済回数は40回にも及びます。なんと、3年と4か月!

利息を支払い続けるのは、思った以上に負担がかかってきますよ。
借りる前に、毎月に支払うべき利息を計算してみることをおすすめします。
また、金融会社間の利息の差も軽視せず、この計算で返済額や利息負担を比較してみるといいでしょう。
実際の計算は、こちらから行うことができます。「消費者金融借入の支払計算」

(*) 返済例は元利均等方式での金利計算として、基本的な利息計算に基づいています。実際の借入れでは、営業日数の相違、端数調整などにより異なります。



とても分かり易い説明だけにいかに消費者金融の金利が大きいかというのも分かりますね・・・

そりゃ、支払不能な債務者も出るわけだ。。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。