スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visaデビットカード、なぜ普及の兆し?借金や消費を抑制の効果、家計管理も明朗に

最近デビットカードが普及しているとの事。

管理人もデビットカードを利用しています。

クレジットカードは2か月先の引き落としですが、デビットは即時引き落としなのでとても扱いやすいですね。

そんなデビットカードが借金や消費を抑制の効果があるそうです。
debit.jpg

●即時決済で消費の抑制効果

「クレジットカードを安全に使いこなすのは、自分には難しいかもしれない」と思う人はVisaデビットカードも選択肢のひとつだろう。

後払い型のクレジットカードとほぼ同じ使い方なのに、使うたびに自分の銀行口座から即時決済されるので借金とはならず、家計管理を混乱させないカードといえる。

カードの種類にもよるが、ポイントやキャッシュバック機能が付帯されているものもあり、
その場合は買い物した分の金額の0.2%前後が還元される。通常のクレジットカードより還元率は低いが、お金の流れがわかりやすいので消費の抑制効果もあるだろう。

自分がよく使うお店とつながりが深いカードを選ぶと、割引などの恩恵が得られ、さらにお店のポイントカードと合わせて2重のメリットを享受できることもある。

 日本では2006年ごろに登場したが、取り扱い金融機関が少なく、すぐには普及しなかった。しかし現在ではスルガ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行、あおぞら銀行、三菱東京UFJ銀行、近畿大阪銀行、イオン銀行の8つの金融機関が取り使いをしており、人気が高まってきている。

 実は、アメリカなどのクレジットカード先進国では、Visaデビットカードが日常使いカード、クレジットカードは計画的に分割払いなどで買い物するカードと役割分担されている。ポイント付与やキャッシュバックなどの恩恵もあるとなれば、クレジットカードとの差はあまりない。後払いでやりくりが混乱してしまうくらいなら、即時決済でお金の流れをわかりやすくしておくことも、「経済的な自立」ができている“カッコイイ大人”といえる。
記事全文はこちら



用途によって使いわけると、家計管理もやりやすいって事ですね。

外国では確かにデビットは日常らしいね。

でも日本だと何故かデビットカードが使えないとこがあるんだよなー・・・

確認できたのは、ビームスとネットの契約はデビットカードがダメでしたね・・・

デビットカードがVISA加盟店でも使えないって現状はなんとかならないかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。