スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【債務整理】弁護士・司法書士への依頼に関するトラブルにご注意を。

債務整理、任意整理を弁護士に依頼しようと考えている方、依頼した弁護士は信頼できますか?

弁護士、司法書士に任せたから安心という考えはダメです。

何故なら任意整理、債務整理を依頼してトラブルになるケースが多いからです。
akutoku3.jpg
最近弁護士による違法、不当な事例が報告されています。

なんでも消費者金融が懲戒請求を行っているぐらいみたいですよ。

懲戒請求・・・弁護士・弁護士法人に、弁護士法や弁護士会・日本弁護士連合会の会則に違反するなど、弁護士の信用や品位を害する行為があったと考える際に、所属弁護士会に懲戒処分を求めること。弁護士でなくても請求できる。



つまり、依頼した弁護士が全く仕事せず金だけとられるというほぼ詐欺に近いこともありえますね。

過払い金を返還なかったり、金額を教えてくれなかったり、資格がない司法書士が資格があると偽り過払い請求をしていたなど、事例をみるだけでも酷い内容が多いです。

事例は以下の通り。アイフル公式ホームページより引用

懲戒請求に至った主な事例について
注)複数の弁護士・司法書士において、同様の事例が発覚しており、懲戒請求を行っております。

弁護士では無い者と提携し、違法に案件のあっせんを受け、事件を受任していた。

お客様に返還される過払金や、弁護士・司法書士が受け取る報酬額など、一切説明していなかった。

受任後、事件の進捗状況(和解内容、訴訟提起、過払金の返還など)を、一切報告していなかった。

貸金業者から受領した過払金を、弁護士・司法書士がお客様に返還していなかった。

債務整理を受任後、着手金を受領し放置していた結果、解決が遅れ、多額の遅延損害金が発生した。

認定司法書士では無い司法書士(※)が、資格を偽って、過払い請求を行っていた。

(※ 過払いの代理権は、司法書士では「認定司法書士」にしか認められていません。
また、認定司法書士であっても140万円を超える過払いを代理することはできません。)

司法書士に代理権が無い140万円を超える過払いについて、代理人として請求行為を行っていた。

司法書士に代理権が無い140万円を超える過払いについて、お客様の同意なく、請求金額を少なくし140万円以下に偽って訴訟提起していた。



なんか信じられないような事例が並べられていますね・・・

どうやら勧誘を行い、紹介料や寄付金などの名目で金銭を請求する団体もあるそうです。
あやしい勧誘の電話があったらまず日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会に相談しましょう。

日本弁護士相談窓口


日本司法書士会連合会


「もうこんな詐欺が横暴してるようじゃどこも信用できないな・・・弱者を救う救世主はもう日本にはいないのか・・・?」
yaruo8.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
当サイトについて・お問い合わせ
こちらのサイトは2ちゃんねるの借金生活板まとめを主に記事にしています。 それ以外でも消費者金融やブラックでも借りれる融資情報、闇金などの情報を収集して記事を書いています。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mr火の車

Author:Mr火の車
借金生活板のまとめサイトです☆

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 0

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。